飛翔



カテゴリ:詩( 27 )


詩 「空からのおくりもの」

f0079088_1953751.jpg




  

「空からのおくりもの」      

あたたかな
ひざしが
カーテンのガラスごし
レースもようで
おちてくる

いつかみた
映画のワンシーン

いつかゆめみた
おだやかな
ひざし

いつも
あたりまえのように
手にした
あなたのかげ

わすれていた
空からの
おくりもの


いつものくらしが
このまま
いつものくらしで
ありますように・・

[PR]
by hikoko-ex | 2007-04-28 19:16 |

詩 「名残り華」  (なごりか)

f0079088_16441564.jpg



「名残り華」  (なごりか)

かすかな
残り香を漂わせ

花は
残る

名残の花吹雪が
風に舞う


花を求めて
ではない

やがて成る実を
もとめて

鳥は訪れる


実はもうすでに
膨らもうとしている

華たちは
役目を終え
樹々はもうすでに
つぎの仕事にとりかかっている

神は
時に止まることを
許さない



立ち止まって
見つめているのは
わたし

わたしはここで
何をしているのだろう

[PR]
by hikoko-ex | 2007-04-23 16:44 |

詩 「はらはら はらり」

f0079088_10304597.jpg


f0079088_1033481.jpg


「はらはら はらり」

三日間ほどの
満開の
お花見日和ののち

冷え込むアメが
体にしみる

はらはら
はらり

はらはら
はらり

あちらに
ひとつふたつ

こちらに
ひとつふたつ


静かな雨に
まぎれて
静かに
舞い散るさくら
はらり


アスファルトに
はりつき
すそもよう

あちらに
はらり

そちらに
はらり
[PR]
by hikoko-ex | 2006-04-20 10:31 |

詩 「すれ違い」

f0079088_2112719.jpg


「すれ違い」

私が
想う気持ちと

貴方が
想う気持ちと


互いに
相手のことを
想う気持ち

それは
同じはずなのに

ベクトルには
成りえないらしい

三次空間の
外積?

でもないか・・

とにかく
なんだか少し
向きが違うらしい


同じ三次元に
住むはずなのに

私たちには
いつも
空間の捻じれが
生じやすくて

やっぱり
異次元生物としか
思えない・・
[PR]
by hikoko-ex | 2006-04-19 21:12 |

詩 「幕のあと」

f0079088_22397.jpg

「幕のあと」

観客の居なくなった
舞台の下で
ひとり

見上げれば
彼方に月

あたりの闇に
不安を覚え

愛車のキーを
ポケットの中で
握りしめる

私の人生
いつもこう


ひとりでいるのは
嫌いじゃないけど

まるきりひとりじゃ
ふと不安


舞台は豪華
けど見渡せば



だから
貴方という
車のなかに
逃げ込みたくなる・・
[PR]
by hikoko-ex | 2006-04-17 22:03 |

詩 「緊急指令」

f0079088_12262658.jpg


「緊急指令」

この年は
なぜにこんなに
いちどきに

どの花も
今を盛りと
咲くのでしょう

ある花は
いつもより遅れて
ある花は
いつもより早く

なぜにいまこのときを
えらんで
咲くのでしょう


いま
いちどきに
咲かねば
もう

あたらしい春は
ない
とでもいうように・・



・・・☆☆・・・
今日は桃の花も開き始めました
梅もまだ数輪、残しているというのに。
なんだかあまりに一斉に咲くので
未来はあるのかと
不安になります・・
[PR]
by hikoko-ex | 2006-04-16 12:30 |

詩 「黄沙」

f0079088_12275342.gif


「黄沙」

遙かかなたの
大陸より

舞いきたりし
黄色き砂塵


花を蔽い
川を蔽い
山を蔽う


ものみな霞ませ
陽炎と為し
蜃気楼と為す

あらゆるものの
存在は
不確かなもの


ここに
在ると思えば
逃げ

そこに
在ると思えば
逃げてゆく

逃げ水となり
逃げ花となる

この川も
逃げ川となり

あの山も
逃げ山となる


およそ
現代(いま)の世に

確かなものなど
あろうものか

すべからく
この世はすべて
黄沙に
蔽われている

※黄砂または黄沙とも書く
[PR]
by hikoko-ex | 2006-04-16 12:28 |

詩 「競爛」

f0079088_14514389.gif


「競爛」

れんぎょう
こでまり
ゆきやなぎ

さくらも
満開
花雲のなか

花曇りの下
花冷え
冷え冷えと

夜桜見物
その横で

あちらの谷には
梅もまだ
まだまだ負けじと
闇に浮く

月も
競えぬ
花々の舞
[PR]
by hikoko-ex | 2006-04-09 14:52 |

詩 「磁石」

f0079088_9582255.jpg


「磁石」

いつか
貴方の嫌いな
私になるでしょう


いつか
私の嫌いな
貴方になるでしょう


けれど
貴方の嫌いな私は
貴方が好きで

私の嫌いな貴方は
私が好きで


だから
きっとまた
貴方と私は
一緒にいるのでしょう
[PR]
by hikoko-ex | 2006-04-08 09:58 |

詩 「花の春」

f0079088_16331464.jpg


「花の春」

傷つきながらも
嵐に耐え
まだ
花は残っている

負けるもんか
負けるもんか

私の春は
まだ終わらない

どんなに惨めに
色褪せようと

どんなに
片ひら
ひらひら落とそうと

おの(己)が満足するまでは
結実確心するまでは

まだまだ
まだまだ
[PR]
by hikoko-ex | 2006-04-07 16:34 |


小さな心から あふれ出た言葉たち
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
yeqqlvhma
from nuqklapdsfc
vndyunbzvm
from fptsovbrgoq
vrvmomkku
from aegkrvsnnlw
rytextl
from ykpznknkea
qflhzq
from sxaztzi
qspgbdpmq
from wqdtbapdwrs
spabmndl
from xhjdknrauw
ygnyydku
from oukmdhpwa
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧